萌えニュース

作家・庵野秀明の正体とは?「さようなら全てのエヴァンゲリオン」が描いた“特異性” [鳥獣戯画★]

1 :鳥獣戯画 ★:2021/05/01(土) 21:03:55.07 ID:CAP_USER.net
oviewalke 5/1
https://moviewalker.jp/news/article/1031062/

3月22日にNHK総合で放送され、大きな反響を呼んだドキュメンタリー番組「プロフェッショナル 仕事の流儀 〜庵野秀明スペシャル〜」が、今晩23時50分から再放送される。
これまで長期取材が許されてこなかった、庵野の制作現場に約4年にわたって独占密着を敢行し、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(公開中)の舞台裏へと迫った本番組。

いっぽう、4月29日にNHK BS1で放送された拡大版となるBS1スペシャル「さようなら全てのエヴァンゲリオン 〜庵野秀明の1214日〜」は、NHK総合版に入りきらなかった映像やインタビューを加え、前後編計100分の長尺をナレーションを排して描くことで、より“作家・庵野秀明”に迫るドキュメンタリー作品に仕上がっていた印象だ。本稿では、番組中に登場した庵野をはじめとした各人の発言を引用しながら、その内容を振り返っていきたい。

1995年に放送が開始されて以来、世代を超えて幅広い層から熱狂的な支持を集めてきた「エヴァンゲリオン」。テレビアニメ版の放送終了後には劇場版も公開され、さらにその10年後の2007年には「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズとして再始動。その完結編にして、四半世紀にわたる歴史の集大成とも言える『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は、新型コロナウイルス感染拡大による公開延期を経て今年3月に公開。公開7週目で観客動員数523万人、興行収入80億円を突破し、ロボットアニメ史上初の興行収入100億円超えを射程圏内に収めている。

本ドキュメンタリーは2017年9月28日から始まる。前半では『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の制作初期段階における庵野を筆頭にしたスタッフ陣の試行錯誤とともに、庵野秀明という人物のありのままの姿が映しだされていく。食べ物の好き嫌いが激しい偏食家であり、酒が好きで電柱が好きな“日本随一のオタク”としての表情。「頭で考えても限界がある」と語り、アイデアを生みだすために作られたミニチュアセットの中を歩き回る姿はとてもユニークであり、時折庵野自身がまるで初号機のように見えてしまうほどのインパクトを放つ。

『シン・ゴジラ』(16)で庵野とタッグを組み、旧世紀版、新劇場版シリーズ共に参加している樋口真嗣は番組中でこのように語る。「食べるものだけじゃなく、作るものにも全部同じように好き嫌いがある。嫌いなものは絶対にいらないし、自分の作品にそれが混入されるのも嫌。ああじゃない、こうじゃないというなかで、こうじゃないものの屍が、本当はこうだったという形を浮かび上がらせる。そのためには破片で満たさなきゃいけない。作りたいものを作るために手段を選ばない」。

その言葉で示される通り、庵野は徹底的に自分自身が思い描く、もしくは描きたいビジョンを追求していく。そこに一貫しているのは“おもしろさ”へのこだわりと、“作品至上主義”と呼ぶべき真摯な姿勢にほかならない。モーションキャプチャーを使ってアニメーションの元となる映像を作りだしていく制作過程はもちろん、密着取材を行う取材班に対してもドキュメンタリーという“作品”としての見せ方をレクチャーする。庵野自身、「僕がやりたいことをやりたいわけじゃない。こうしたらこの作品がおもしろくなると思うから、僕はこうしたいというだけ」と語るように、その向き合い方こそが、これだけ愛される“作品”を生む最大の要因だろう。

「庵野って、万年青年。大人になり損ねた人」と語っていたのは、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーだ。「庵野は貪欲。単におもしろいものを作ろうとは思っていない。こういう時代、人はどうやって生きていったらいいんだろう。それが根底にある。だから作家なんです」という評価とともに幕を開ける後半では、庵野の故郷である山口県宇部市にある宇部新川駅のホームのベンチに座る庵野の姿とともに、庵野秀明というひとりの人間の60年間の歴史と、“エヴァ”の25年間の歴史がシンクロするようにして描かれていく。

幼少期の出来事や両親の話、大阪芸術大学時代に製作した『DAICON III Opening Animation』や『帰ってきたウルトラマン アットアロー1号発進命令』といった伝説の自主制作の映像から、原画スタッフとして参加した宮崎駿監督の『風の谷のナウシカ』(84)の巨神兵の爆発シーンも登場。
「宇宙人が来たと思いましたよ」と庵野との印象的な出会いを振り返る宮崎は「資料に核爆発ばかりを集めたビデオを持ってきてずっと見ていて、あいつ頭おかしい」と語る。そして「一緒に仕事をやらないことが大事。ケンカになるに決まっているのだから」と、庵野という人物の特異性を裏付けていく。

(以下リンク先で)

23 :なまえないよぉ〜:2021/05/02(日) 01:55:35.10 ID:+hzr6+P6.net

よくわかった
俺は庵野の演出が好きなんだ

31 :なまえないよぉ〜:2021/05/02(日) 03:55:37.60 ID:z4VzOu86.net

>>30
そもそも庵野が自体がエヴァは深くなんてない、そう見せかけてるだけって言い放って久しいんだし
最後だしその辺全部取っ払って終わらせたんだろうよ

67 :なまえないよぉ〜:2021/05/05(水) 16:38:16.07 ID:miazWXRF.net

ナディアはキチンと畳んでるから、大風呂敷広げて畳めないタイプって印象はないな

88 :なまえないよぉ〜:2021/05/11(火) 11:27:26.84 ID:2q6GKADe.net

シン仮面ライダーには警戒感しか無いのだが
ドラマとアクションの両立ってかなりハードル高いからドラマ苦手な庵野氏に出来るのか不安
アクションも口出しせず殺陣師に任すことが出来るならいいけどキューティーハニーの悪夢再来とかになったらと思うと怖い
エヴァとシンゴジラで盛り上げてるのに、アレだけ配信されてないのを考えると周りも黒歴史という認識なんだろう

76 :なまえないよぉ〜:2021/05/06(木) 20:28:34.10 ID:aayevqlm.net

庵野自ら「作家にはオチを考えてから作る人と面白いツカミを考えてオチは決めずに進めていく人の二種類がいるが
自分は後者」と言っているからな。

73 :なまえないよぉ〜:2021/05/06(木) 18:20:49.18 ID:p4wI8mUf.net

>>58
渡辺文樹なんて、劇場で観た人はほとんど居ないぞ
知らない人が大半

家庭教師 島国根性 ザザンボ バリゾウゴン 全部好きだけどねw

83 :なまえないよぉ〜:2021/05/08(土) 07:45:07.71 ID:hi++qtOK.net

>>79
分かる。観終わったあとこの人アニメすら作る気もう無いかもって思った

29 :なまえないよぉ〜:2021/05/02(日) 03:11:40.90 ID:juZ5Dk98.net

正体なんて深いもんはそもそも無いでしょ

6 :なまえないよぉ〜:2021/05/01(土) 21:29:56.34 ID:Jf4T53sb.net

>“おもしろさ”へのこだわりと、“作品至上主義”と呼ぶべき真摯な姿勢

真逆だろ
自己表現へのこだわりに凝り固まった鬱病患者
人気のきっかけになった設定の大半は他人のアイデアじゃん

44 :なまえないよぉ〜:2021/05/03(月) 00:34:08.22 ID:jrq3r3QK.net

作家として庵野が一番特異なのは、金回りを完全にコントロールして
好きなモノを好きな時に作れる体制を若くして整えたところじゃないかな

宮崎だって日テレや博報堂などのしがらみがあるに、庵野はホント自由だもの
新劇エヴァは結局、全部自主制作だしな
(シンは旧タイトルなので昔の版権が復活したけど)

56 :なまえないよぉ〜:2021/05/04(火) 05:43:37.27 ID:XyEH7oXF.net

才能は枯渇してますよね

68 :なまえないよぉ〜:2021/05/05(水) 16:59:06.42 ID:cI6jjAGk.net

>>67
ナディアはNHKの企画案が元になっていて、制作にはNHKの統制があった
だから、原作から庵野がやったエヴァンゲリオンのような奇っ怪なものにはならなかった

82 :なまえないよぉ〜:2021/05/08(土) 01:50:10.57 ID:YS9mPmFw.net

>>77
それで思い出したこと

ナディアの設定原案を作った岡田斗司夫によると、
バベルの塔は、「科学の力」をもたらした超文明(=宇宙人)との通信機器で、
ブルーウォーターは、宇宙の歴史全てを格納できるほどの容量を持った情報デバイスとのことだった
OPで複雑な模様が見えるのはそれを示しているんだとか
でもそういう設定は登場人物は全く知らないし、庵野もたぶんわかってなかったと言ってた
また、ラピュタの資料集を見ると、こちらも最初は世界を征服する兵器として作られたのではなく、
バベルの塔のように神に近づくことを目的として作られたのだろうとのことだった

38 :なまえないよぉ〜:2021/05/02(日) 14:35:55.64 ID:lFsg1igK.net

5年後くらいにまたエヴァンゲリオン作ってたりして

87 :なまえないよぉ〜:2021/05/09(日) 23:49:00.07 ID:YcZQxgrY.net

>>41
シン・千と千尋の神隠しもよろしく。

65 :なまえないよぉ〜:2021/05/05(水) 16:32:16.31 ID:ClCmgwpR.net

>>57
原作を岡田斗司夫がやっているから、話がキッチリ終わっている
そして、話をキッチリ終わらせられないけど面白そうな演出をすることに長けている庵野が監督をした
庵野は原作ありの監督をやるのが良い

53 :なまえないよぉ〜:2021/05/03(月) 19:37:24.83 ID:PeyfqDp5.net

スタッフたちが考えた信じられないぐらいの量の良いアイデアや良いデザインが日の目を見ずに埋もれていったんだろうな

8 :なまえないよぉ〜:2021/05/01(土) 21:43:14.79 ID:blz5+Ivd.net

結局八方丸く収まるんなら、Qであそこまで落とす必要なかっただろ
普通に序破シンの3部作で良かった
Qのせいで方向性は迷走するわ無駄に長くなるわ
SWのep8並みに余計

21 :なまえないよぉ〜:2021/05/02(日) 01:41:24.90 ID:79WXVX78.net

>>9
いや、美味しんぼだろ
結末はまどマギだし

50 :なまえないよぉ〜:2021/05/03(月) 15:56:45.66 ID:jrq3r3QK.net

>>48
大人の都合で当然の権利
庵野に限らず何度も名前が出てくる
責任の所在 を明確にしてるわけだ

>大人の都合
放送権料などが発生した際、これを元に分配される場合がある
カラーはその辺りスタッフを厚遇してるかもしれない

42 :なまえないよぉ〜:2021/05/02(日) 19:52:52.30 ID:N2dkWneS.net

>>39
それが売れてるから

28 :なまえないよぉ〜:2021/05/02(日) 02:32:16.98 ID:oCfA2CoO.net

どうでもいいけど過去の栄光はもういいだろ
本気の新作つくるよ

60 :なまえないよぉ〜:2021/05/04(火) 11:00:28.87 ID:GAWyLCc/.net

今後カラーはどうすんだろうね?
次はウルトラマンに仮面ライダーでナウシカだろうけど、
全部カラーに権利ないじゃん。
資金枯渇するよ

84 :なまえないよぉ〜:2021/05/09(日) 01:13:25.90 ID:Aei66tge.net

岡田なんて半分以上法螺話の嘘吐き野郎なのに
5ちゃんねらーって未だに岡田信奉者多いな

47 :なまえないよぉ〜:2021/05/03(月) 08:15:40.79 ID:qAjncT82.net

>>39
止める理由ないだろそれで売れてるんだから
っていうか当の本人が「このスタイル以外ではもう俺は作品撮れない」
って覚悟完了しちゃった感があるからシンシリーズを止めるなら
あとはもう引退するだけだわな

22 :なまえないよぉ〜:2021/05/02(日) 01:50:34.84 ID:6JergCmn.net

ソフバンのハゲと幼少時代の記憶がいっしょだよ

80 :なまえないよぉ〜:2021/05/07(金) 23:03:30.04 ID:fpa3FlQo.net

なのになんでまた始めたというね

79 :なまえないよぉ〜:2021/05/07(金) 23:02:30.87 ID:Mj5Rdbck.net

見た感想は、ああ、この監督エヴァが嫌いでやめたくて仕方ないんだなあって。
もう俺は特撮だけやりたいんだよ!って監督が絶叫しているような作品だった。

63 :なまえないよぉ〜:2021/05/05(水) 09:53:13.46 ID:vsC+feFX.net

爺「昔は綾波系といってな、無感情なヒロインが人気だったんじゃよ」 [555261821]
https://leia.5ch.net/test/read.cgi/poverty/1620166645/

4 :なまえないよぉ〜:2021/05/01(土) 21:06:39.42 ID:lLqClFQp.net

一日一回応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

コメントを残す